ブログ「川辺にて思う」

This is it

今日、マイケル・ジャクソンの「This is it」を観て来ました。
札幌で2度目の上映をしているところがあるのです。
観て良かった。
本物の天才ってこうなんだと思いました。

私は、マイケル・ジャクソンが生きているときは斜め上からルックスの変貌ぶりに対して批評してたような、また裁判問題のときには、世間の風がずいぶんマイケル・ジャクソンに冷たいよなあ、ってとても遠くから眺めていたような気がする。
彼は確か、皮膚から色素が抜ける病気で、脱色せざるを得なかったんですよね。

マドンナは追悼のコメントで、彼は魔女狩りにあっていた、というようなことを言っていたけれど、気がつくと私も積極的ではなかったけれど、揶揄する側にいたんだなあと映画を観ながら反省していました。

「This is it」はマイケル・ジャクソンのパフォーマンスに一度でも見入ったことのある人には是非観てもらいたい作品です。
彼の圧倒的な才能とプロ意識と、愛情の深さと、彼の言葉をまっすぐに受け取るならば、彼の汚れない魂をかいま見ることが出来ます。

あふれる程の才能は、世間との間にギャップがありすぎて、人間としてのマイケルが板挟みになっていたのだろうと感じられて、その重圧は何トンだったのかと思いを馳せます。
信じられない程の才能を注がれた、ただの繊細なひとりの人間の重圧と孤独ってどのようなものだったのだろうと映画を観ながら考えていました。

今頃彼は傷ついた肉体から解放されて、天上から地球と彼の愛する人たちを見守っているのでしょう。
何だか、天使の羽をつけたマイケルはついでに私も見守ってくれているような気がします。アツカマシイかな。

DVDも買っちゃおうかと迷いつつ。

関連記事

ワークショップ開催予定

最近の記事

最近のコメント

PAGE TOP