ブログ「川辺にて思う」

8月26日 佐世保にて小休止

広島から博多で乗り換えて、佐世保で一泊しました。

ここで重要なのは、博多では1時間と数分しか時間がないのに、絶対豚骨ラーメンを食べようと決めているということです。

広島10:06発 ー 博多 11:13到着 のぞみ3号

博多 12:21発 ー 佐世保 14:07到着 特急みどり11号

博多着から、博多発まで1時間8分。

その間にラーメン屋を見つけて、食べて、特急の切符を買わなくてはなりません。

で、もちろんそうしました。2010082611260000

あじたま入りネギラーメンです。

店に入った途端に、札幌のたぬき小路1丁目と同じ匂いに包まれました。

ひゃあ〜。

豚骨です!

14:07佐世保駅到着

駅では佐世保在住のマユミさんが迎えに来てくれていました。
身にしみてありがたいです。

この灼熱の気温の中、見知らぬ土地で、自分たちだけで右往左往するのはなかなか大変です。

源泉かけ流しの個別温泉つき「はなれ」まで予約してくださって・・・。

もう、泣けます。
いたれりつくせりで。

宿で荷物を降ろした後、マユミさんに浦頭引揚記念平和公園に連れて行ってもらいました。

2010082614500000

終戦後、佐世保には舞鶴の倍の人たちが引き揚げてこられたそうです。

約140万人。

2010082614510000

青い空と海の間で、引き揚げ船は、2週間、海の上で停泊させられていたそうです。

2010082614520000
日本にたどり着くまでに亡くなった方、たどり着いた直後に亡くなった方々のご遺体は、一時、今のハウステンボスのあたりに安置されたそうです。

その人たちの魂は、海の上で未だ停泊しているのだろうかと、空を見上げ、海を見ました。

父はシベリアから引き揚げ、着いたのは舞鶴港だったそうです。

戦争が終わって、確か3年か4年近くしてのことです。

記念館の展示品を眺めながら、
舞鶴に降り立った
その日の父の気持ちを考えていました。

関連記事

ワークショップ開催予定

最近の記事

最近のコメント

PAGE TOP