ブログ「川辺にて思う」

拡散希望

今日はとあるブログで衝撃的な写真を発見してしまったため、
許可を得てまるまる転載させていただきました。

もし、その主旨に賛同していただけるなら、
どうぞこの情報の拡散の手伝いをお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シェイドオブペールさんのブログ、「お気に召すまま・・・・・」9月1日より

津川さん、素敵っ!!

個別記事の管理2011-09-01 (Thu)

内戦の犠牲、動物園SOS コートジボワール  2011年4月27日23時7分 asahicom様より

アフリカ西部コートジボワールの最大都市アビジャンで、国立動物園の動物たちが、次々飢え死にした。昨年11月の大統領選をめぐる混乱のためだ。

 動物園前には「SOS」と助けを求める看板。園内は死臭が漂う。飼育員が案内した先には、骨と皮ばかりの雌ライオン。よたよた立ち上がり、すぐに転がった。18歳の「ララ」だ。どの動物も、元気がない。

 勤務歴16年のフェリクス・ウフエさん(53)は「今年はエサ代も職員の給料ももらっていない。人間は助け合える。動物は違う。このままでは墓場だ」。

 
アビジャンでは3月末から市街戦が続き、職員は出勤できなかった。戦闘がほぼ終わった今月中旬に職員数人が戻ると、12歳の雄ライオン「シンバ」や鳥、サ
ル、ワニなど数十匹が餓死していた。フェリクスさんは「人間が招いた最悪の事態に、何もできなかった」と涙を流した。

 大統領選の混乱は収束に向かい、国際社会が当選を認めたワタラ元首相が国家再建に乗り出した。だが、動物たちへの対応にはまだ手が回らない。ごくまれな来訪者が持ち寄るわずかの食糧が、動物たちの生命線だという。(アビジャン=古谷祐伸)

この写真はアサヒコム様よりお借りしています。やせ細ったララ (コートジボワール)

津川雅彦さんーサンタの隠れ家ーより「「チャリティのお願い」

内容が後先になりますが、取敢えずこのチャリティの事を見て戴きたいと思います。
あまり時間がありませんので

そして今度は!
東北への世界からの支援にお礼の意味を込めて、コートジボワールの動物園に援助をしたいと思っています。

なぜなら、先日朝日新聞に、コートジボワール国立動物園が内戦の煽りを受け、飼育係が逃げてしまい、食料もなく、動物はバタバタと飢え死にしている記事と共に、皮と骨だけになった百獣王ライオンの写真が載り、胸が潰れそうなショックを受けました。

即刻支援をと考えたのは、僕の最近の監督作品、『旭山動物園物語』で、野性動物との『命の平等』を描き、動物園で輝いているライオンやオラウータンの躍動美に感動し、畏敬の念さえ持つことが出来たからです。

そんな時、伊勢谷友介君から、ぼくが好きなところえ、支援が出来る、『ハートブリッジ』でのチャリティーの、誘いがあり、一も二もなくのる事になりました。

チャリティー出品の物は、僕の初監督作品「寝ずの番」の『タイトル文字』を、亡き親友緒形拳が、何枚か書いてくれましたのがあり、本番に使用した以外の『字』は記念に生前の緒形拳に落款を押してもらい、額装したものを、『寝ずの番』の試写を癌を隠した緒形が観てくれ、絶賛する好演をしてくれた長門裕之に緒形拳助演男優賞として、
プレゼントしたものです。

この度、兄貴も身罷りましたので、その形見分けとして、世界に只一点の貴重な長門の形見分けを、チャリティーに出品し、この売り上げ金を、コートジボワールのライオン達の命を助ける為に、役立てたいと思った次第です。

ハートブリッジチャリティオークションの
詳細、商品のコメントやチャリティ先への想いは
http://hearts-bridge.jp/auction/2011/08/comming-soon-9.html
上記URLにて、ご覧いただければ、幸いです。

【商品】

■『寝ずの番』

~亡き長門裕之・緒形拳の心のこもった書~■

【チャリティ先】

津川さんがお選びになった チャリティ先は昨年11月の大統領選で混乱があり、
国立動物園の動物たちがつぎつぎ餓死していくという報道が今年4月にされました

■コートジボワール アビジャンの国立動物園■
(代々木にありますコートジボワール共和国大使館に郵送にて寄付金をお届けし、大使ご自身が帰国の折りに持参し、コートジボワール国立動物園にお届け頂けます。)

【ヤフーオークション開催期間】

2011年8月29日(月)13:00スタート
2011年9月5日(月)0時終了【9月4日(日)24時】の7日間開催。

8月29日(月)13時にオークションスタートした時点でオークションURLをハートブリッジHP内 津川雅彦さんのオークションページに掲載いたします。

http://hearts-bridge.jp/auction/2011/08/comming-soon-9.html
どうか、是非ご協力下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それから今日の海外ニュースではこんな記事も発見してしまいました。

もう、胸がつぶれそうです。

ここにも支援を送れないものかと考えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トリポリ動物園の動物たち、餌も水も不足し窮状に リビア

CNN.co.jp 9月1日(木)12時12分配信

トリポリ(CNN) リビア反体制派がカダフィ派との戦闘の末に掌握した首都トリポリで、動物園の動物たちが十分な餌や水を与えられないまま窮状に陥っている。

トリポリ動物園を30日に取材したCNNのニック・ロバートソン記者によると、園は入り口が閉ざされ、改築中のため動物はいないと告げられたという。しか
し中から聞こえた吠え声をたどって行ったところ、トラやライオン、カメ、ハイエナ、カバ、クマ、サル、シカ、エミューなど多数の動物がいるのを発見した。

餌や水はほとんど見当たらず、すべての動物が飢えている様子で一見して栄養状態が悪そうに見えた。

トラはやせ細って皮膚が垂れ下がり、来園者の気配を察すると檻の中を落ち着かない様子で行き来した。

園内に係員の姿はなかったが、取材中に飼育係が現れ、動物たちはトリポリで戦闘が続いた7日間の間、何も与えられなかったと語った。今では200人いた係員のうち10人が園に戻って餌をやろうとしているが、トラやライオンなどは必要量の半分しか与えられていないという。

さらに水不足も切迫した状態で、すべての動物が緊急に水を必要としているという。ロバートソン記者は「この厳しい暑さの中で、助けがなければここにいるすべての動物が苦しみ続ける」と訴えている。

関連記事

ワークショップ開催予定

最近の記事

最近のコメント

PAGE TOP