ブログ「川辺にて思う」

女13人ですし屋のカウンターを占拠

7月の最後の週末は、札幌でトレーニングでした。

6期トレーニング基礎コースの2回目

トレーニングと言っても、
現段階ではファシリテーターを目指してもらうということではありません。

この段階で行っていることは、
システミミックな視野を得ること、
その理論、
そして秩序を、
自分の問題と向き合いながら、
身体感覚に徹底的に叩き込んで、
それを通して生きることが楽なのだと、
自分の生命の基盤を安定させることにあります。

あえてトレーニングという言葉を使っているその理由は、
ワークショップにバラバラに参加することでは絶対に得られない理解が、
このように継続してコミットして参加する、
理論を土台から積み上げ、
体感していく場でのみ、
わき起こるからです。

この6期トレーニング基礎コースには、
ヘリンガー・インスティテュート・ジャパンが提供するトレーニングとしては、
10年ぶりにアシスタントを除いて全員が初めての受講生という、
1期を彷彿させる環境にあります。

いやあ、
2回目にして、
色々と個性ごとに見えてくるものがあり、
先輩のいない環境で勃発することは、
こういうことだったのかあ〜と新鮮な驚きに見舞われていて、
1期のメイントレーナーだったハラルドに思いを馳せる今日この頃。

3日間の初日の晩ご飯は、
琴似の「すし処しあわせ」にひとりをのぞいて、
女ばかり13人で繰り出して、
カウンターを占拠しました。

写真写真

あー、楽しい。

画像をクリックすると拡大できます。

一部ほろ酔いです。

大人の色香はただよっているでしょうか。

後から届いた写真をアップします。

image-2

image

image-1

向かって右が、すし処しあわせのご主人
左側がトモ君
正面手前がタコのたまご。

お騒がせいたしました。

全員が舌鼓を打つ、大変楽しいひとときでした。

関連記事

ワークショップ開催予定

最近の記事

最近のコメント

PAGE TOP