ブログ「川辺にて思う」

バート・ヘリンガー・ワークショップに参加して

9月11日〜13日の3日間、
御とし90歳になろうとする大先生バート・ヘリンガーと、
その奥様ソフィのワークショップが東京で開催されました。

東京の後は台湾でワークショップを行われたという、
その気力と体力、使命感には心底敬服いたします。

最後にお二人にドイツでお会いしてから、
10年近く直接お会いすることがなかっただけに、
私としては感慨もひとしおでした。

まして、バートを世界的に有名にした、
最初の重要な本の翻訳書を刊行した直後だっただけに、
なんというタイミングで神様は仕組んでくださったかと、
めちゃくちゃ嬉しい再会でした。夜明け1

今、バートはご自身と奥様のソフィと一緒にされているお仕事の方向を
「ニュー・ファミリー・コンステレーション」と呼ばれています。

そのお仕事内容と私が今やっている仕事の仕方には、
確かに違いがあります。

自分の現在の仕事の仕方を振り返ると、
私がやっているのは、
バートが70歳代までやっていた仕事の仕方を踏襲しています。

日本語版で出たばかりの、
しかし原書は20年前に書かれた
「ファミリー・コンステレーションー隠された愛の調和」に書かれている
その理解をまさにそのまま自分の仕事で再現しており、
その上に、
日本という国独自の歴史認識と文化観を加味しています。

そういうことから「ニュー・ファミリー・コンステレーション」
の分類には入らない仕事の仕方を私はしています。

でも、そんなことはどうでもいいのです。

90歳のお体で、
何かを伝えようと来てくださったそのお姿を仰ぎ見るだけで、
私はもう大満足です。

ワークショップへはご威光を仰ぎに伺ったという気持ちです。

3日間、久しぶりのバートの現場に身を置いて、
そのお仕事ぶりを全身全霊で吸収してみて、
そして思ったのです。

私の役割は、基礎を教えることだと。

バートが90歳でたどり着いた仕事の方向も、
過去に積み重ねてきた基盤あってのことです。

基礎を知らずに、
現在のバートの仕事を推し量ることは難しいでしょう。

私のするべき仕事とは、
バート・ヘリンガーがセラピーの世界に持ち込んだ、
彼独自の視点がどれほど価値あるものかを、
日本で発信し続けるのが私に割り当てられた役目だと、
このまま進んでいくべし!と、
後押しをしてもらったことを感じた3日間でした。

もう、大満足です。

あのバートヘリンガーが、
ステージの上に立ち上がって、
あの本を手に取って、
指で指し示して、
「日本語だからあなたたちに読める本です」と言ってくれたのですよ!

10年近くたっているのに、
私の名前を覚えていてくれたこともまた私には大事件でした。

150名近い参加者の中で、私の名前を呼んでくれたのです。

もう、それ以上、何を望むもんですか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お知らせがいっぱいあります。

① 11月 7日(土)、8日(日)東京でワークショップがあります。  
   http://www.hellingerinstitutejapan.com/schedule/2015_11tokyo.pdf

② 11月28日(土)、29日(日)大阪の池田市でワークショップをします。
   http://www.hellingerinstitutejapan.com/schedule/2015_11osaka.pdf

③ 来年4月から、週末のプログラムの9期トレーニング基礎コースを開始します。
   http://www.hellingerinstitutejapan.com/schedule/training9.pdf

④ 来年5月下旬からは、新たに平日のプログラムの10期トレーニング基礎コースを開始します。
   (こちらは募集要項を作成中です)。

⑤ 来年からトレーニングが増えるに伴い、本格的にトレーナー育成プログラムを開始します。
    (こちらも募集要項を作成中です)。

⑥ 次のニューズレターで、過去のトレーニングの抜粋をYouTube画像でご覧に入れます。
    登録お申し込みはこちらから 
    → http://www.hellingerinstitutejapan.com/newsletter/

関連記事

ワークショップ開催予定

最近の記事

最近のコメント

PAGE TOP