ブログ「川辺にて思う」

変化を受け入れることの難しさ

前々回のブログの続編です。

1か月ほど前のブログ
「食べることと無意識下の忠誠心」に書きましたが、
この3か月ほど、
自分を使って食習慣を変える人体実験をやっています。

高タンパク低糖質メガビタミンにもだいぶ馴染んできました。

それで、20代半ばから20年ほど、
厳格ではありませんでしたがベジタリアンだったことを、
最近思い出しました。

時々、魚やエビを食べたりしてたので、
真面目な菜食主義者ではなかったのですが、
野菜を優先とする食生活に慣れ親しんだ身にとっては、
MEC食{肉(Meat)卵(Egg)チーズ( Cheese)}への移行は、
思ったより簡単なものではありません。

images

まず、長年の菜食中心生活で、
タンパク質を消化する力が弱く、
大量の肉や卵に胃が痛くなり、
プロテインを飲むともたれました。

最初の2か月くらいは要領がわからず、
なかなか慣れることができませんでした。

でも何が一番困難だったかというと、
実は、自分がそれまで価値があると信じてきたものの、
基準を変換させることだったのです。

子供の頃から何度となく聞かされた
「野菜も残さず食べてえらいね」という
母の声は今もありありと甦ります。

自分に対して長年かけて教え込んできた、
「野菜は無条件に体にとって一番良いものだ」
という認識を見直してみるというのは、
一朝一夕でできることではないということを改めて思いました。

高タンパクの食事に慣れるに従って、
果物を食べたり、
炭水化物を摂ると、
強い睡魔に襲われることが増えてきて、
食事の内容に、
体がすぐ反応することがわかりました。

images-1

こんなことを書いていると、
食事を変えてもろくなことがないように思われるかも知れないので、
手応えの方も書いておきます。

私の体温は通常で35度で、
体調の悪いときには34度台になることもあったくらい低かったのですが、
MEC食にして2か月を過ぎたあたりから、
35度5分〜8分に体温が普通の人に近づいてきました。
汗をかけるようになってきたのです。

体の反応で面白い経験があります。
以前、何台目の車だったか忘れましたが、
マニュアルの四駆に乗っていたことがあります。
その次にオートマの四駆に変えたところ、
それはもう乗りやすくて、
運転が楽しかったのですが、
その車を手放すことになり、
次の車はまたマニュアル車になりました。
すると、
オートマの四駆に乗っていた期間は2年くらいと短かったのですが、
次のマニュアル車を運転するときに、
左足の反応が遅くなっていてすごく苦労しました。
左足にクラッチを踏め!と言い聞かせても、
足が何か「え?何のこと?何かするんでしたっけ?」みたいに、
まるでど忘れしたかのように動こうとしなくなっていたのです。
運転中に感覚を取り戻すのが大変でした。

自分で決めて変えたことであっても、
そのことを受け入れたり、
消化すること、あるいは適応するのは、
また別問題のようです。

これが普通とか、
これが正しいとか、
この方法でいきましょう、といった方法を取り入れ、
そこに投資してきた年月とエネルギーを思うと、
価値観の変換というのがいかに難しいことかと思います。

心と体がそれぞれに、
その習慣と、
その記憶に対して、
依存状態になっているなどと、
通常、私たちは想像もしません。

たとえ、それが現在の自分にとって役に立たなくなっていても、
価値がなくなっていても、
あるいは、
逆に害になっていたとしても、
心も体も疑問を抱いていないということがあるのだと、
この頃の食習慣の変化を通して検証している次第です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

8月の札幌ワークショップは2日間で開催します。 

札幌のみ!1日だけでも参加できるようにしました。しかも昼食込み。 

札幌の働きかけ枠はあと4名です。
1日の参加でも、2日間の参加でもどちらでも働きかけできます。
暑い東京を離れ、
札幌でワークショップに参加するのはいかがでしょうか。
夏の札幌はいいです
よ。

東京のワークショップは次回9月下旬開催分でお申し込みを受け付け中です。

こちらは問題に働きかけることができるのはあと2名です。
こちらは2日間参加が条件となります。ご了承ください。

システミック・コンステレーション・札幌ワークショップ
<ファミリー・コンステレーション

ビジネス・コンステレーション>

 

日程     平成29年8月5日(土)、6日(日)
10:00〜18:00

        ※ 今回の札幌ワークショップでは1日だけの参加を受け付けます。        

場所       札幌市中央区

       ※ 会場についての詳細はお申し込み手続き完了後に個別にご案内致します。

参加費     申込書送付と同時に参加費をお振込ください。

       問題への働きかけは2日間ご参加の方を優先します。問題を取り扱うことが

       できる人数には限りがあります。ご希望の方はお申し込み前にご確認ください)

○ 2日間参加/一般     : 48,600円(昼食含/消費税込)

 ※ トレーニング受講生:21,600円(働きかけなし) 43,200円(働きかけあり/当日申込)

○ 1日のみ参加/一般      27,000円(昼食含/消費税込)       

※ トレーニング受講生:10,800円(働きかけなし)21,600円(働きかけあり/当日申込)

 


システミック・コンステレーション・東京ワークショップ

<ファミリー・コンステレーション

ビジネス・コンステレーション>

 

日程    平成29年9月23日(土), 24日(日) 10:00〜18:00

場所     東京都江東区  

     ※
会場についての詳細はお申し込み手続き完了後に個別にご案内致します。  

参加費    申込書送付と同時に参加費をお振込ください。

一般  :    45,000円+消費税 = 48,600円

※ トレーニング受講生:21,600円(働きかけなし) 43,200円(働きかけあり/当日申込)

             

どちらもお申し込みは   
ヘリンガー・インスティテュート・ジャパンまで

0630035 札幌市西区西野5条8丁目515201

TEL
FAX:0116629576  

URLwww.hellingerinstitutejapan.com

http://www.hellingerinstitutejapan.com/formbook/

 

 

現在、トレーニングを受講中の方々、過去にトレーニングを受講された方々には、小林がファシリテートするワークショップに限り、ワークショップの参加費は一般参加者と異なり三通りあります。
問題への働きかけあり(事前に確約):48,600(税込/一般と同額
問題への働きかけなしでの参加(トレーニング生限定):10,800 (1日のみの参加/税込)21,600 (2日間の参加/税込)
  働きかけなしの前提で参加し、当日キャンセルが出たり、時間的に可能な場合に働きかけを申し込む43,200(1日の参加か2日間の参加に拘わらず/税込)      
※当日まで、働きかけできるかどうか確約できません。差額は後日振り込み。

         

 

関連記事

ワークショップ開催予定

最近の記事

最近のコメント

PAGE TOP