ブログ「川辺にて思う」

10期研究コースを終えて

努力してバランスを取っていた家族関係が、
トレーニングを通して根本的に再調整されていきます。
そうすると、
頑張らなくても家族との距離感は自然なものへと変化し、
努力が不毛ではなくなり、
家族の中に笑顔をみる頻度が増えていきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

medium-14

「10期研究コースを終えて」   Uさん
50代 女性 大阪府)

昨年の今頃、

基礎コースを終えた私は、

母との距離と母への感情が適切になったところでした。

また、今まで悪者扱いしていた父の心情にも触れることができ、

父との距離と父への感情を見直す時期がきていました。

 

研究コースへ進みたい希望はあるものの、
経済的な心配がありなかなか決心できずにおりましたが、
結果的には研究コースに進み一年学ぶことができたことに感謝しております。

 

研究コースでは、
父との距離と父の感情について見直す時期だったといえるのは
終わった今だからこそ。

昨年の今頃は続けて受講したい希望のみでした。

 

研究コースの最終回のトレーニングで、
私は、間違いなく父と母から、
命以外に有り余る愛情を受け取っていたことを実感しました。

幼少期の記憶ではいつも喧嘩の絶えない両親を恨み、
他の家庭を羨ましいと感じることが多かったのです。

 

結果、自分が家庭を持って母なったときにも、 
そして、夫に先立たれてシングルで子育てをするときにも、 
いつも何か満たされなかった気持ちが根底にあったからでしょう。
子どもがどう思うか?と、子ども達に何か負い目を感じていました。

父親が先だったことは不可抗力なのに、
子供達に対して、
父が居なくなってしまったことの穴埋めを、
自分一人ででしないといけないような気持になり、
妙な無理をたくさんしてきたことに今では気づくことができます。

結果、成人した大学生の子ども達は、
年齢相応の生活力が身についていない状態。
外面は良くても内面が幼児。
きっと私はあれこれ手を出しすぎて、
面倒を見すぎていたのだと思います。

今は、子ども達の責任ある選択を信頼して、
自分のことと実家の母のサポートに集中しています。

お陰様で母の介護も、
昨年の今頃はまだまだ不安定な母をヒヤヒヤしながらでしたが、
今では母や、母をケアしてくださるスタッフさんを信頼しているので、
特に心配なことは起こっていません。

母の精神状態もずいぶんと穏やかに落ち着いています。
基礎コース時はトレーニングになると必ず何か問題発生して、
トレーニング中の私の携帯が鳴っていたのが今ではウソのようです。

 

私が両親から愛されていたことを実感できると、
自分が子ども達からどう思われるかなんてことは気にならなくなりました。
なぜなら、私は両親から愛されている子どもなので、
それだけで充分なのです。

子ども達が私に対して何かしらネガティブな感情を万一持ったとしても、
それは彼らが感じていることで、
そのことで私の立ち位置が揺らぐことはないと今は思うことができます。

これは私の自分軸が太くなり、
地に足が付き始めた証拠だろうと感じています。
そう感じることができると、
今度は家族以外の外側の環境に対しても、
「私は○○をします」と発信することに抵抗が少なくなってきました。

3年前に27年務めた会社を退職し、

社会的アイデンテティが大きく揺らいだ後の私は、

今自分がしていることを人に話したり、

伝えたりすることに抵抗があり、

限定された方にのみ開示できるような妙なところがありました。

ですが、今では他の方と比較しても何ら意味のないこと。

私の人生で、
他者との比較は必要ないと感じることができるようになってきていますし、
私のできることを発信することは恥ずかしいことではないと、
感じるようにも変化してきました。

この部分はまだまだ発展途上なのですが、
引き続きファシリテーター養成コースのトレーニングで、
更に変容できることを期待しています。

 

最後になりましたが、

トレーニングにチェトナ先生と 

トレーニングの場を常に整えてくださったスタッフ先輩方と 

トレーニングにご一緒してくださった10期のメンバーに感謝申し上げます。

 

私はこのトレーニングに巡り合えたことに感謝しています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

システミック・コンステレーション・トレーニング
12期基礎コースに1名キャンセルがありました。
迷っていたけどやっぱり受講したいという方は、
急いでチャンスの神様の前髪をつかんでください。

関連記事

ワークショップ開催予定

最近の記事

最近のコメント

PAGE TOP