ブログ「川辺にて思う」

呼吸が楽に ー 10期研究コースに参加して

システミックコンステレーション 

トレーニング第10期研究コースに参加して Nさん50代 女性 滋賀 平成303月)

 

 

2年のコースが修了しました。

いざ感想と変化を、と書こうと意気込みましたが、何も出てこない。

まるで数年前から今の自分でいるように感じている。

呼吸がしやすくて、楽に呼吸ができて、

自分が自分でいられるこの状態が日常になったこと自体が、

このトレーニングに参加しての一番の大きな変化なのでしょう。

 

それまでの私を一言で表すと、

とにかく必死で頑張ってきた。

息も絶え絶えで、

でも何かに追い立てられるように。

その時の私について友人が

「いつも楽しそうに元気そうにしてるけど、目が笑っていなかった」

と表現してくれました。

 

ギャンブルで亡くなった父、

ずっと周囲をうらやんだまま、

自分の不幸を私に言い続けた母のもとで育ってきて、

人に感謝するとか親を大切にするということを、

形式上しかわかっていなかった私でした。

 

かわいそうなお母さんを助けるために、

周囲の人を恨んで自分が犠牲になって、

それでもまだ頑張り続けていました。

その父や母とつながるということは、

苦痛でしかなかった。

基礎コースの最後でようやく、

「生まれてきてよかった」ということと、

今ここに自分が生きているということを、

身体で感じるようになりました。

 

やっと取り戻した人生ではありますが、

50年握ってきたものは、

そうたやすく手放せるものではありませんでした。

研究コースに入っても、

まだまだ自分の葛藤は続きました。

 

でも以前と違うことは、

だれにも頼れなかった自分が、

「助けて」といえるようになったこと。

助けてと言えたら、

それだけで自分自身が楽になってくることを知れたことなのです。

と同時に、

助けてと言えない=相手を信頼してなかったということにも気づきました。

自分一人で何でもできる、

相手を信頼していない、

一生懸命に頑張ってきたつもりだったけど、

ある意味傲慢に生きてきたことにショックを受けました。

 

そういう自分の変化と、

研究コース中に学んだ瞑想が、

今の自分を前に進ませてくれています。

今は、50年持っていたものがあっても仕方ない、

出てきたら気づいて対応したらいいという気持ちで毎日を過ごしています。

 

周りの人や親せきやご先祖様の手を借りながら、

生き直し中。

 

まだまだ自分のルーツを調べること、

私たちの国のことを学ぶことは続いていきます。

自分自身を変えていく作業もまだまだ続きます。

コンステレーションはどんな形でも触れていきますし、

瞑想は自分の日常となるように続けていきます。

 

2年間を修了して、私が今感じていることはこれです。

自分自身の人生をまるごと認められたら、

その時から生きることに肯定的になる。

 

トレーニングのたびに、

きめ細かいサポートをしてくださったスタッフの皆さま、

一緒に学んだ同期の皆さま、

そして厳しく、愛情深く導いてくださったチェトナに感謝いたします。

2年間、本当にありがとうございました。

2010021014200000

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お知らせです。

事業名を変更したことから、ウェブサイトも一新しました。

ヘリンガー・インスティテュート・ジャパン開設の頃から、

現在までの変化についてまとめた文章をアップしました。

よければ、読んでみてください。

コンステレーションズ・ジャパン

https://constellations-japan.com/constellationsjapan

 

関連記事

ワークショップ開催予定

最近の記事

最近のコメント

PAGE TOP