ブログ「川辺にて思う」

過去と今と未来と

新年おめでとうございます。

仕事納めからの数日間で家中の大掃除を済ませ、
鏡餅を飾り、
花瓶に花を生けて玄関に置くという、
てんてこ舞いの数日間に、
自然と気持ちはお正月を迎えるために高まっていきます。

全て終えると何だか達成感があり、
お客様をお待ちするために準備をちゃんと整えたぞ、という充足感があり、
ワクワクした気持ちになります。

そして、元旦を迎えると、
なんとも言えない高揚感に包まれています。
何だろう、これ。

今まではそれが当たり前だと思っていたのだけど、
やっぱり歳神様は来てくださったのだなと、
この意味不明に明るい気分が教えてくれます。

そんなこんなで初詣も済ませ、
今は落ち着いてPCに向かうことができます。

animal-3091284__340

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨年のトレーニングを振り返って気になったことの一つに、
過去と今と未来がごちゃまぜになっている状態というのがありました。

トレーニングを受講して2年も3年も、
あるいはそれ以上の期間を学び続けていても、
時々、人が陥ってしまう罠というものがあります。

コンステレーションを通して、
自分の苦しみや生きづらさの原因が、
過去の誰かとのもつれによるものであったと理解したとします。

現在の自分はそれを手放しても良い、
手放す方がもつれていたその誰かにとっても良いのだと、

何度も体感してその心地よさを味わっていくと、

それがいずれ自分にとっての現実となっていきます。

それをエクササイズ等で何度も体験した人は、
それまでの苦しみのパターンを繰り返す必要がなくなり、
新しい発想が生まれ、
行動するための力が湧き上がるようになります。

それなのに、すでに変化した自分の状態を忘れ、
まるで問題が解決する前の状態が、
今も続いているかのように錯覚を起こす人が時々います。

どうも、それは誰か特定の人に起きることというよりも、
誰にでもひょんなきっかけで起きるみたいなのです。

すでに片付いている問題を再燃させたり、
他の人の問題を扱っているときに過去の自分の何かの場面を思い出し、
かつて自分が可哀想だった時のことしか思い出せなくなってしまう、
といったことが起きてしまうのです。
tree-3189273__340

以前、何かのCMで、
「可愛いは作れる!」みたいなフレーズがあったと思います。

で、私も一つ思いつきました。
「可哀想はビジネスになる!」

トレーニングでは何度も何度も、
自分の内側のエネルギー源とどう繋がっていくか、
どのように無尽蔵のサポートを自分のものにするか、
といったことを身体感覚に染み込ませていくのですが、
何かの拍子にそれを忘れる人がいるのです。

自分の内側のエネルギー源を忘れてしまうと、
外からエネルギーを得なくてはなりません。
外から、つまり他者の注意を引くとか、
注目してもらうとか、褒めてもらうとかしていないと、
エネルギーが枯れていきます。

かつての辛い状態の可哀想だった自分が、
何も変化せずに今もここにいるかのように振る舞うなら、
同情というエネルギーがそこに集まってきます。
同情というエネルギーを求めるなら、可哀想でいる必要が生じます。

すでに楽に生きている自分を認めてしまうと、
自分の内側にエネルギー源があると認めてしまうと、
人生の責任は自分にのしかかってきます。

「責任」を怖がっていると「可哀想ビジネス」をやめることはできません。
責任は自由と一体のものなので、責任を怖がると自由も手に入りません。

人に認めてもらうために頑張る人もいるので、
それを肯定的に捉える場合もありますが、
内側のエネルギー源と繋がって、
それに後押ししてもらうようになると、
人に認めてもらう必要がなくなるので、
同じことをやるにしても、もっと楽に、

もっと効率よくできるようになります。

sun-2942386__340

人は過去に起きたことを未来に投影します。
良かったことには執着し、
未来にまたその良かったことが続くように期待するものです。

あの人は優しい人だから、
これからもずっとそうだと、
優しくしてもらえることを当然と思ってしまうとか・・・。

悪かった出来事もまた、
未来への不安や恐れとして投影され、
未知の筈の未来に制限をかけたがります。

昔、信じてた人に騙されたから、もう他人は信用しないとか、
ひどい失恋をしたから、もう心を開けないとか・・・。

そのように、今ここにいる自分を忘れ、
今のこの瞬間を感じ取る感受性を閉じます。

それは、昨日の散歩の帰りに、
たまたまそこにいたカラスに襲われた犬が、common-raven-3186592__340
明日もカラスに襲われる筈だと、
散歩に行くときに毎日ビクビクするようなものです。

未来にはまだ何も起きていないし、
過去の出来事はもうすでに一度起きてしまったわけで、
全く同じことは二度と起きないのです。

だから、もう一回、深く息を吸い込んで、
今、体の中に空気がどのように流れ込んで、
どのように吐き出されたかを感じてみることです。
そこから今にいる時間が長くなっていきます。
winter-76905__340

と、いうわけで、
皆様には豊かな時間がゆったりと流れる佳き年となりますように。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お 知 ら せ

2019年2月に東京で、3月に大阪でワークショップを開催します。

☆ 問題についての働きかけをご希望の方はお早めにお申し込みください。

  ぼちぼち働きかけ枠が埋まり始めています。

 

☆ 4月からは、システミック・コンステレーション・トレーニング第13期基礎コースが開講します。

  ご希望の方には募集要項をお送りしますので、コンステレーションズ・ジャパンまでお問い合わせください。
  早割の特典があります。

☆ 個人セッションは2019年春まで休止中です。

 

システミック・コンステレーション・ワークショップ/2月 東京

ファシリテーター:小林
真美(チェトナ 小林)

日時: 2019
2

23

(
)24
(
)
10:00
18:00

場所: 東京都、江東区

参加費:一般:48,600/2日間(45,000円+消費


 

システミック・コンステレーション・ワークショップ/3月 大阪

ファシリテーター:小林
真美(チェトナ 小林)

日時: 2019
3

16

(
)17
(
)
10:00
18:00

場所: 大阪府、池田市

参加費:一般:48,600/2日間(45,000円+消費



ワークショップの両方とも
トレーニング生は参加費が異なるためお問い合わせください。
主催:コンステレーションズジャパン
お問い合わせお申し込み:コンステレーションズジャパンまで
トレーニング生は参加費が異なるためお問い合わせください。
主催:コンステレーションズジャパン
お問い合わせお申し込み:https://constellations-japan.com

 



 

第13期トレーニング 基礎コース 1回目

日時:2019
4
27
(
),
10:00

2019

4

29

(
),
18:00

場所:東京都、江東区

初回内容: 基礎コースなワークとエクササイズを通して基本を身につける

講師:小林真美(チェトナ小林)
お申し込みは集要項とプログラムをご覧ください。

 

 

 

 

※ コンステレーションズ・ジャパン®の名称は商標登録済みです。

 

関連記事

ワークショップ開催予定

最近の記事

最近のコメント

PAGE TOP