ブログ「川辺にて思う」

3年間のトレーニングを終えて


トレーニング基礎コース、

研究コース、

ファシリテーター養成コースの3年間を振り返っての、

感想をいただきました。


ご本人の許可を得て掲載します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


bird-4068898__340 (1)



3年間のトレーニングを終えて


30代男性


 


この3年間のトレーニングで私は、自分を知り、見つめ、源と繋がった。


 


3年前以前、私には自己否定感があった。「どうせ」とか「なんで」という言葉が常に心の中にあり、他人に言われたことだけを粛々とこなす日々を過ごしていた。気が付くと溜息をついていて、ただ目の前の課題をこなし、粛々と一日を終える。人間関係においても、特段の深い関係性を作ろうとせず、相手に求められることだけを恙無くやっていた。


当然、心から充実感を感じることは滅多になかったし、「楽しい」とか「うれしい」といった感情を感じることはあっても一過性のもので、すぐにネガティブな感情の波に飲み込まれていた。そんな自分を変えたくて、このトレーニングに参加した。


 


まず1年目の基礎コースで、システムの基礎を体感した。今まで漠然と知っていたことを、体感を通して感じ取る事ができた。自分の中にある罪悪感の原因の一部を知ることが出来た。自分を守ってくれる存在が居て、それらに背中を支えられ、時に押されて人生を歩んで行くんだと知った。自分の命がどんなに大切なものであるかを知った。


 


2年目の研究コースになると、次は自己認識がガラッと変わった。


自分がどれだけ尊い存在であるのか、それと同じように、自分の周りに居てくれる人がどれだけ尊い存在かを更に体感することが出来た。


どれだけの人に支えられ、助けられ、導かれて今を生きているのか、これを知った時、私はありのままの自分を少し受け入れることが出来たと思う。


もうひとつ今後の私の人生において、大切になるものを学んだ。瞑想である。今まで瞑想の存在は知ってはいたが、学ぶ機会もなく、縁遠いものだと思っていた。このトレーニングで学んだ瞑想は、私が知っていた瞑想とは全く異なる技法だった。


この瞑想により、物事をあるがままに見ることが出来るようになった。感情や余分な価値観信念など、自分が作り出す幻想の存在を認識できるようになった。


 


3年目のファシリテーター養成コースでは、目的を常に眼前におきながら、生きていく術を学んだ。


これもまた私にとって非常に大きなことだった。昔から何かをしていると、細かいことに捕らわれ、本来何を目指していたのかを忘れてしまう癖があった。まるでハムスターが小屋の中の台車を何の当てもなくカラカラ回し続けるように、無駄な気力と体力を使い続けていたことに気が付いた。


他人の人生に関わることがどれだけ繊細で、ましてやその人の人生のプロセスをファシリテートしていくには尊重と、そして自分自身が神仏やフィールドそのものといった、より高次なものと繋がらないと介入は不可能なんだと思い知った。


3年目のある日、「自分の感覚は信じられるものなんだ」という確信をえたのも、大きかった。


 


3年間を終え、上に上げたような自己否定感だったり、枝葉末節に捕らわれるような事が完全に無くなった訳ではない。むしろ気を抜くと自動的にそのようなシステムが発動する。


だが、システムが発動してしまっていると認識出来るようになったことは、大きな成長である。その対処法も知った。


 


今、生きている実感を生き生きと感じることが出来る。空がきれいで、木の葉の緑が鮮やかで、ご縁のある人が近くに居てくれて、コミュニケーションを取ることが出来る。そんな些細な事に喜びを感じることが出来、味わうことが出来る。


 


私はひとりではない。


ご先祖様、家族、日本の神様、仏様、仕事の先輩、同僚、後輩、友人、仲間、生まれ育った土地等々あらゆるものに助けられ、導かれ生きている。


その存在を感じるたび、自然と背筋が伸び、自分の勤めを精一杯果たし、生き生きと生きていくんだ、と誇りを持つことが出来る。


 


私は、この3年間の学びを、ご縁のある方々に法話や普段の関わり合いの中で、存分に発揮していきたい。コンステレーションのファシリテートをすることは恐らくないかもしれないが、自分の人生をファシリテートし、困っている人が居たら手を差し伸べて、手助けしていきたい。


 


末筆ながら、3年間、お導き頂いたチェトナには心からお礼申し上げます。ありがとうございました。


また、一緒に学んだ10期の皆さんにも、心からの感謝を申し上げます。ありがとう!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

出版記念 兼 トレ生同窓会のご案内


5
11日(土)に小林(チェトナ)の初の書き下ろし本の出版を機会に、

1期から第13期までのトレーニングに参加した方の同窓会を開催します。

本の刊行日は4月中でまだ確定していませんが、

5月には確実に刊行されていますので、

出版記念会兼トレ生同窓会の場でも販売します。買う買わないは自由です。


当日は食事の前に、ここ数年での新たな発見についての解説とそれに関するデモンストレーションほか、質問の時間を設ける予定です。

511日(土)11:00受付

         11:30開始〜14時半頃まで

場所は銀座で参加費5000円です。

 

参加ご希望の方は、「第◯◯期の(氏名)◯◯ ◯◯ 出版記念会兼トレ生同窓会に参加希望」と、info@constellations-japan.com までご連絡ください。

2月末日に一旦締め切り、ある程度の人数が把握できました。

追加で受け付けいたしますので、参加希望のトレーニング受講生と経験者の方はお早めにご連絡ください。



お申し込みの方に、後日、会場など詳細をお知らせいたします。

6期以降のトレ生は基礎コースのみ、研究コースまでの受講でもご参加いただけます。

トレーニング受講生以外の参加はご招待客のみとなります。ご了承ください。


 第13期基礎コース 第1回目

日時:2019
4
27
(
),
10:00

2019

4

29

(
),
18:00


場所:東京都、江東区


初回内容: 基礎コースなワークとエクササイズを通して基本を身につける

講師:小林真美(チェトナ小林)
お申し込みは集要項とプログラムをご覧ください。


※ 13期基礎コースに申し込み、受講が確定している方は出版記念の会にご参加いただけます。


  

※ コンステレーションズ・ジャパン®の名称は商標登録済みです。



関連記事

ワークショップ開催予定

最近の記事

最近のコメント

PAGE TOP