ブログ「川辺にて思う」

ねたみちゃん、そねみちゃん、ひがみちゃん三姉妹

タイトルにねたみちゃん、そねみちゃん、ひがみちゃん三姉妹まで書いて、
やっかみと嫉妬まで入れたら5人兄弟(姉妹)かなーとも思いました。
が、あまり多くてもややこしいので、
ひとまず三姉妹と呼ぶことにします。

会社の先輩(高収入、高学歴、高身長のいわゆるハイスペック)
と付き合い始めてから、
体調を崩したという女性の体験談を読みました。
社内の多くの独身OLが憧れてた男性です。

嫉妬のエネルギーはなかなか恐ろしいもので、
その念は飛んでいきます。
それを生き霊と呼ぶ人もいます。

それで自分自身もそういう経験があったなと思い出しました。
そこから感情もエネルギーとして飛んでいくということを学んだのです。

私の場合は、
ハイスペイケメン男子と付き合ったというわけではなかったですけど。

随分前のアメリカのシアトルにいた時の話です。
恋愛や仕事でうまくいっていなかった、
アメリカ人の女友達数人のストレスのはけ口として、
私に関して、実際のところは何も知らないのに、
「何の努力もせずに恵まれていて鼻につく」と、
悪口を言いまくられていた時期があって、
その頃はずっと体調が悪く、
気分も滅入っていたのです。
それがある瞬間に、
「あれ?これって私のエネルギーじゃないのでは?!」と気づいた瞬間に、
付きまとっていた嫌な感じが消え、
気分がはっきりと軽くなったのです。

三姉妹

そこで理解したのは、
これらの感情というのは、
大概、ねたまれたり、嫉妬されたりする側の問題ではないということです。

ねたみちゃん、そねみちゃん、ひがみちゃん三姉妹に心を占められている側の人は、
大変辛いところに身を置いています。
それはつまり、
自分の価値を自分で認識できないので、
他者に評価を依存している状態です。

自分の価値を自分で感じることができないとしたら、
自分の感覚を頼りにすることができないので、
常に他者と自分を比較して、
相対的に自分の価値を計ろうとせざるを得ません。

そんな状態にいる時に、
自分とは無関係な、
ただ自分の視界に入っただけの人が、
たまたま、その仕事ぶりや努力に対して正当な評価を得ているのを目撃してしまうと、
自分に対して感じることができなかった価値を、
その人がまるで奪ったかのように感じてしまい、
憎く感じたり、
敵対的に感じてしまいます。

ハイスペイケメン男性と付き合えた女性は、
たまたまその男性の好みのタイプだったということであり、

他の女性はそうじゃなかっただけですから、

自分にもチャンスがあったのに奪われたというのは、
100パーセント妄想です。

でも、もしその人が自分の内側が穏やかで、
自分の日常にくつろぐことができ、
自分の感覚を信頼し、
自分の行動に無理がないなら、
他人が評価しようがしまいが自分は何ともありません。
他人が好き勝手なことを言ったからといって、
自分への信頼が損なわれることがないからです。

ねたみちゃん、そねみちゃん、ひがみちゃん三姉妹がすくすく育つ環境とは、
自己否定感や、劣等感をかかえている状態です。

他の人と自分を比較することでしか、
自分を評価できないことに問題があります。

自己否定感や、劣等感が生じるのには、
様々な理由や原因があります。
三姉妹から本当に自由になりたいなら、
長期的になると覚悟して、
何度も何度も、
自分の現状とご対面してしまうことです。

でも、それらの理由や原因と、
ひとつひとつ丁寧に向き合っていくと、
ある段階で、
なんでもかんでも全部と向き合わなくてもいいんだ、
なーんだ!と手放せる瞬間が来ます。

自分の価値を自分で感じ取ることができるようになり、
他者に依存しなくてもよくなるなら、
多少の手間はかける価値があるというものです。

2年、3年も経つ頃には、
気がついたら、
自分の内側にどっしりと安定していられる自分を発見しているのです。
その頃には、ねたみちゃん、そねみちゃん、ひがみちゃんは、
自己尊重と自信と責任へと成長しています。

トレーニングはそんな感じのことの手引書みたいなものです。
depositphotos_150156608-stock-photo-kids-using-digital-tablet

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 第13期基礎コース 第1回目


日時:2019
4
27
(
),
10:00

2019

4

29

(
),
18:00


場所:東京都、江東区


初回内容: 基礎コースなワークとエクササイズを通して基本を身につける

講師:小林真美(チェトナ小林)
お申し込みは集要項とプログラムをご覧ください。


※ 13期基礎コースに申し込み、受講が確定している方は出版記念の会にご参加いただけます。 



出版記念 兼 トレ生同窓会のご案内

511日(土)に小林(チェトナ)の初の書き下ろし本の出版を機会に、

1期から第13期までのトレーニングに参加した方の同窓会を開催します。

本の刊行日は5月16日ですが、

この日が参加者のための先行発売日となります。


当日は食事の前に、ここ数年での新たな発見についての解説とそれに関するデモンストレーションほか、質問の時間を設ける予定です。

511日(土)11:00受付

         11:30開始〜14時半頃まで

場所は銀座で参加費5000円です。

 

参加ご希望の方は、「第◯◯期の(氏名)◯◯ ◯◯ 出版記念会兼トレ生同窓会に参加希望」と、info@constellations-japan.com まで、できるだけ早くご連絡ください。

13期生がまだトレーニングへの申し込み受け付け中のため、

4月末日まで出版記念会兼同窓会への申し込み期限を延長しました。

お申し込みの方に、後日、会場など詳細をお知らせいたします。

6期以降のトレ生は基礎コースのみ、研究コースまでの受講でもご参加いただけます。

トレーニング受講生以外の参加はご招待客のみとなります。ご了承ください。


関連記事

ワークショップ開催予定

最近の記事

最近のコメント

PAGE TOP