ブログ「川辺にて思う」

強すぎる感受性と一緒に生きて行く

 生まれ持った体質が、

たまたま超過敏で、

他の人の気分や感情にあたってしまって、

体調を崩す人がいます。

原因がわからないまま、

いつも不調でいることが多く、

そして、そういう体質に過ぎないということがわからなくて、

自分を責めていたり、

親のせいだと思っていたりすることがあります。


でも、誰も悪くないし、

そのウルトラ級に繊細な自分の体質と折り合いをつけ、

共存する方法を見つけたなら、

それは強力な能力として自分を守り、

進む方向を見せてくれるようになっていきます。


tulips-739466__340


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



システミック・コンステレーショントレーニング
11コース研究を終えて              Mさん 女性

 

 

トレーニングコースに参加して2年が過ぎました。

2年目を振り返るのはまだ整理できない痛みを伴うので封印したいところでしたが、

振り返るためのきっかけがあったので自分の為にも記します。

 

私にとって2年目の研究コースは、

自分の感受性や体質、繊細さを受容して、

より生きやすい日々の生活を送るために欠かせないトレーニングでした。

しかし、自分に対して無自覚なことを自覚して受け止めること、

気づいていることでさえ、本気で対処したいのか?と、

問いながらトレーニングの場に身を置くことはそう容易いことではありませんでした。

 

基礎コースと違って、

研究コースでのエクササイズを通して学ぶことは、

ただ受け身で体感して気づくだけでは成り立たず、

基礎コースで学んできたこと、

その他全ての知恵から絞り出し、

フル動員していくことがトレーニングを続けていく上で(必要なことであり)、

(それが結果として)救いとなりました。

すぐに効果を感じられなくても、

自分なりに対処する方法を模索し続けながら耐えしのいでいたら、

そのうちパズルのピースとピースが繋がるように、

わずかな変化を感じられるようになりました。

アハ体験のような感覚です。

 

変化を感じられるようになるまで半年以上はかかりましたが、

必死に模索してきた分、

ちょっとした感覚の変化が(わかるようになり)、

トレーニングを続けてきて良かったなとやっと希望を持てた瞬間でした。

トレーニングを終えても、

私の中ではまだ変容は続いていて困惑することもありますが、

起きる出来事をすぐに何とかしようと焦るのではなく、

以前より力を抜いて見ていられます。

 

トレーニング後、母と話している中で、

ミヒャエル・エンデ著「モモ」という本を勧められました。

勧められたのは、今回だけでなく、

学生の頃、社会人になってからと母と話す中で、

何度かこの本のタイトルの名前を耳にしていました。

母には、ただ「モモみたい」と言われるだけなのですが、

何度か耳にしているせいか頭の片隅には置いといていました。

ただ今回は、

数日経ってもキーワードのように頭に引っかかって読むことにしてみました。

そしたら、その物語が、

自分の抱えている問題に伴う、

現在の社会的背景と似たような話の内容だったので驚きました。

児童向けの物語ですが、

トレーニングで学びを深めてきたことと、

今の私のタイミングで手に取ったからこそ、

私の幼児的な頭脳でも話の内容を理解できたんだと思います。

この物語が描かれたエピソードに

「旅の途中で人から聞いた過去の話であり未来の話」

と記されているのも不思議です。

 

ずっと母を通して、私を翻弄させる要因ばかりに囚われてきましたが、

今は母を通してそれだけでなく、

何か後押ししてくれる存在からのヒントにも気づいて

少しずつですが、

受け取り始めている自分の変容を見守っています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 第13期基礎コース 第1回目


日時:2019
4
27
(
)
2019

4

29

(
月/祝)


場所:東京都、江東区


初回内容: 基礎コースなワークとエクササイズを通して基本を身につける

講師:小林真美(チェトナ小林)
お申し込みは集要項とプログラムをご覧ください。


※ 13期基礎コースに申し込み、受講が確定している方は出版記念の会にご参加いただけます。 



出版記念 兼 トレ生同窓会のご案内

511日(土)に小林(チェトナ)の初の書き下ろし本の出版を機会に、

1期から第13期までのトレーニングに参加した方の同窓会を開催します。

本の刊行日は5月16日ですが、

この日が参加者のための先行発売日となります。


当日は食事の前に、ここ数年での新たな発見についての解説とそれに関するデモンストレーションほか、質問の時間を設ける予定です。

511日(土)11:00受付

         11:30開始〜14時半頃まで

場所は銀座で参加費5000円です。

 

参加ご希望の方は、「第◯◯期の(氏名)◯◯ ◯◯ 出版記念会兼トレ生同窓会に参加希望」と、info@constellations-japan.com まで、できるだけ早くご連絡ください。

13期生がまだトレーニングへの申し込み受け付け中のため、

4月末日まで出版記念会兼同窓会への申し込み期限を延長しました。

お申し込みの方に、後日、会場など詳細をお知らせいたします。

6期以降のトレ生は基礎コースのみ、研究コースまでの受講でもご参加いただけます。

トレーニング受講生以外の参加はご招待客のみとなります。ご了承ください。


関連記事

ワークショップ開催予定

最近の記事

最近のコメント

PAGE TOP