ブログ「川辺にて思う」

生きるための道具と武器を手にいれて

コンステレーションのトレーニングについて、
「トレーニングと言うぐらいだから、
やり方とか方法を教えてくれるんでしょう?」
「ファシリテートするためのマニュアルをくれるんでしょう?」
と、想定して受講する人はいます。

実際には、やり方を教えるというよりは、
その方法を身につけて、
楽に生きるとはどういうことなのかという、
その実感を得てもらうことを先決にしています。

頭でわかった気になって、
使いこなせない人がたくさん生まれるよりも、
身体感覚にしっかりと吸収してもらって、
細胞の隅々まで落とし込んで、
考えなくても、
生命の法則に則って生きることが,
普通にできるようになることが先です。

頑張らなくても生きることができると実感した段階で、
人生が意外と楽しいと、
日常のあちこちに小さな感謝を感じることができるようになると、
余力が生まれるので、
他の人の役に立ちたいという気持ちが自然に湧き上がるのです。

自分自身が生きるのが辛い状態では、
他の人の手助けをするにも、
必死に力を振り絞ってすることになってしまうでしょう。
そんなに頑張らなくても、
普通にできるようになるのです。

sad-3313408__340


3年間のトレーニングプログラムの受講を終えて

Nさん 女性

◆トレーニング参加前と今との違い・変化◆

生きること=日常が楽になった。

その一番の理由は、

人間関係がスムーズになったからだと思う。


自分、子ども、両親、職場の人、仕事先の人など、

対人間との関わりが、深くなったり、広くなったり、

イラつきが少なくなったり、興味がもてたり、

面倒でなくなったり、なにより楽しくなった。

結果、笑顔になる機会がずいぶん増えたように思う。

私に辛辣にしてくる人も変わらずいるが、

そういう人に対しては怒りよりも残念な気持ちが大きくなり、

そして興味が薄くもなっていくので、

怒りの感情にモヤモヤせず目の前のことに集中しやすくなった。

なぜそうなったのか?

それは、良い・悪い、正しい・正しくない などと、

ジャッジしなくて済むようになってきたからだと思う。


自分中心に物事をとらえ、

スポットライトを当てて見ている部分のみで判断していたことが、

トレーニングにより、

「それぞれ物事には、私には計り知れない背景がある」ことを深く知った。

そのため、安易な判断やジャッジができなくなったのだ。


「私には分からない」「保留」にする第3の選択肢が今はでき、

握りしめずに手放せる感覚があるので楽になっている。

また、「余計なひとこと」を言わないで黙っていられるようになった。

言葉にする前に

「これを言うか、言わないか」と選択するスペースが今の私にはある。


以前はなんでも聞かれたら素直にペラペラ話してしまう

(「隠すことができない」と考えていた)私だったが、

相手をみて「これについては安易に話さない」と選択できるようになった。


自分で自分を守る感覚が分かるようになってきたのだと思う。

これらにより、今の仕事によりやりがいを感じるようになった。

これらは、「等身大の自分、私らしい私を生きる」ことに繋がっているのだと、

これを書きながら気付いた。

 

◆今後、学んだものをどう活用していくか◆

ファシリテーター養成コースの申込をした1年前は、

ファシリテーターに自分がなれると思えないけれど、

とにかくトレーニングを続けてみようという気持ちだった。


それが3回目の講座を終えたころから、

自分の身近な人に、

それまで全くできなかった

「自分の学んでいることをわかりやすい言葉で伝えたい」

と思うようになっていた。


そして、4月からはじまる13期のトレーニングを、

「自分の言葉で伝える」ことを目的に基礎から講座参加することに決めた。

9期の講座をすべて終えた今は、

「伝えるだけではなく、その人の役に立つ、

何かしらのことができる私になりたい」との思いを持つようになった。


今後、さらに学びを深め、

自信と責任を持って、身近な人の悩み解決に貢献したい。

 

◆私にとってシステミック・コンステレーションとは◆


上手く言葉にできませんが、

システミック・コンステレーションに出会い、

トレーニングに参加することができ、本当に良かったです。


教えていただいたこと・気付いたこと・授かった武器を、

自分を大切にしてよりよく生きるために使います。

その良い波紋を周囲にも広げていきます。

 


チェトナさん、3年間ありがとうございました。

事務局・ヘルプの皆さま、ありがとうございました。

一緒に学んだ9期ゆかりの皆さん、ありがとうございました。

ご先祖様、導いて下さりありがとうございました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 第13期基礎コース 第1回目


日時:2019
4
27
(
)
2019

4

29

(
月/祝)


場所:東京都、江東区


初回内容: 基礎コースなワークとエクササイズを通して基本を身につける

講師:小林真美(チェトナ小林)
お申し込みは集要項とプログラムをご覧ください。


※ 13期基礎コースに申し込み、受講が確定している方は出版記念の会にご参加いただけます。 



出版記念 兼 トレ生同窓会のご案内

511日(土)に小林(チェトナ)の初の書き下ろし本の出版を機会に、

1期から第13期までのトレーニングに参加した方の同窓会を開催します。

本の刊行日は5月16日ですが、

この日が参加者のための先行発売日となります。


当日は食事の前に、ここ数年での新たな発見についての解説とそれに関するデモンストレーションほか、質問の時間を設ける予定です。

511日(土)11:00受付

         11:30開始〜14時半頃まで

場所は銀座で参加費5000円です。

 

参加ご希望の方は、「第◯◯期の(氏名)◯◯ ◯◯ 出版記念会兼トレ生同窓会に参加希望」と、info@constellations-japan.com まで、できるだけ早くご連絡ください。

13期生がまだトレーニングへの申し込み受け付け中のため、

4月末日まで出版記念会兼同窓会への申し込み期限を延長しました。

お申し込みの方に、後日、会場など詳細をお知らせいたします。

6期以降のトレ生は基礎コースのみ、研究コースまでの受講でもご参加いただけます。

トレーニング受講生以外の参加はご招待客のみとなります。ご了承ください。

以上

関連記事

ワークショップ開催予定

最近の記事

最近のコメント

PAGE TOP