ブログ「川辺にて思う」

相性という距離

コンステレーションで悩みを解決して、
人間関係の問題が片付いて、
自分に与えられている、
様々な愛情や手助けを感じられるようになると、
これで全て万全だと思いたくなるのは普通です。

ですが、悩みがなくなっても、
自分の性格の本質的な部分が変わらないように、
相性というのはどうやら変わらないようです。

血液型で相性を判断するといった記事を、
雑誌とかで見かけますが、
血液型で人間関係の距離が決まる、
というのは少々大雑把過ぎるような気がして、
私にはあまり実感が湧きません。
でも、実体験から、
生まれた星の下に、
ある程度の運命と相性というものは、
決まってしまうと思うようになりました。

sparrows-2759978_1920

親との間にずっとあったわだかまりが、
本当は自分が過酷な親の運命を、
親に代わって背負いたがっていたためだったと知ったり、
自分の、
隠れた親への愛情を感じてしまった時に消失したり、

いつもいがみ合っていた姉や兄が、
実は自分を守ろうとしてくれていた姿を見たり、
生意気でどうしようもなかった妹や弟が、
親の苦しみを一人で肩代わりしようと、
姉(あるいは兄)である自分を差し置いて、
困難な役割を独り占めしようとしていたことを、
代理人を通して目にすると、
家族に対して抱いていたイメージはガラリと変わり、
関係も変化します。

そこで私たちがよく陥る罠とは、
過去にテレビや映画で観た、
愛にあふれた「仲良し家族」のように、
もしかしたら、
自分たちもそんな家族になれるのではないか、
と期待してしまうことです。

しかしながら、
大人になってからの家族との付き合いは、
必ずしも、
仲良し家族像に当てはめなくてもいいようです。

友達や恋人や夫婦の間では、
慎重に取り扱われる相性というものを、
親や兄弟姉妹に対しては、
無条件で、
あるいは無防備に良いはず、
と思い込んでしまうといった場面はよくあります。

でも、たとえ親や兄弟姉妹であっても、
相性というものはあって、
親であっても気が合わない、
兄弟や姉妹であっても、
気が合わないという事実はあります。

家族としての愛情はあっても、
相性に関してはどうしようもない場合があるので、
お互いの人生や運命を尊重し、
大人になるにつれて、
築き上げてきた価値観は当然異なると理解し、
自分にとって居心地の良い、
ほどよい距離を見つけることです。

家族だからといって、
仲良しでなくてはならないことはないのです。
無理して付き合わなくてもいいと、
覚えておくと気が楽です。

joy-4223806_1920

「親しき仲にも礼儀あり」と心で唱え、
愛情は自分の内側に感じながら、
適切な距離で自分の人生と、
家族のそれぞれの人生を尊重することです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
お知らせです。

☆ 6月の東京ワークショップでは、
働きかけ枠にまだ数名分の空きがあります。
ご希望の方はお申込みをお急ぎください。  

小林真美(チェトナ小林)東京ワークショップ
日時:6月22日(土)、23日(日)10:00〜18:00
場所:東京都江東区(お申し込みの方に詳細をお知らせします)
参加費:48,600円/2日間(45,000円+消費税)
トレーニング生は金額が異なります。お問い合わせください。
主催:コンステレーションズ・ジャパン
お問い合わせ、お申込み:https://constellations-japan.com
☆ 札幌のワークショップのみ、
1日だけの参加も受け付けます。
ただし、 問題への働きかけは2日間ご参加の方を優先します。
問題を取り扱うことができる人数には限りがあります。
ご希望の方はお申し込み前にご確認ください。
小林真美(チェトナ小林)札幌ワークショップ

日時:8月10日(土)、11日(日)10:00〜18:00
場所:札幌市中央区(お申し込みの方に詳細をお知らせします)
参加費:
 2日間参加/一般  : 48,600円(消費税込み)

※ トレーニング受講生:21,600円(働きかけなし) 43,200円(働きかけあり/当日申込)

 1日のみ参加/一般  : 27,000円(消費税込み)
                                  

※ トレーニング受講生:10,800円(働きかけなし) 21,600円(働きかけあり/当日申込)

主催:コンステレーションズ・ジャパン
お問い合わせ、お申込み:https://constellations-japan.com



☆ ファミリー・コンステレーションについての、小林の
書き下ろし書が5月16日に刊行となりました。

コンステレーションが教えてくれること
小林 真美
コスモス・ライブラリー
2019-05-01


関連記事

ワークショップ開催予定

最近の記事

最近のコメント

PAGE TOP