ワークショップのご案内

ワークショップとは

ワークショップは、個人の悩みや問題にコンステレーションの手法を用いて働きかけ、それまで自分ではどうにもならないと思っていたことへの対処法を見つけるための場です。

問題と向き合う用意をしてきた参加者をクライアントと呼びます。コンステレーションの場では解決を模索しますが、その目的はクライアントが日常生活に戻ったときに自身の内側に問題を解決していくための新しい視点や、自分で乗り越えるための力を発見することにあります。
オープンワークショップと称するときのオープンとは、トレーニングと対比しての言葉です。トレーニングが長期間に渡って学ぶとして受講を申し込んだ人のみが参加するクローズド/閉じた環境であることに対して、ワークショップはどなたでも参加できる開いた場であることからオープンワークショップと表記することがあります。

ワークショップの中でファシリテーターは、個別の問題に働きかけた後、その都度必要に応じて説明をします。また、システミックな観点からの解説もあり、直接個人的な問題について働きかけを受けない人も、その場に身を置き、参加することで、自分の問題に関わる洞察を得、個人や家族に起きる問題や苦しみの背後に何が流れているかを、体験を通して理解でき、家族システムに備わっている秩序や愛の法則性を学ぶことができます。



他の参加者はクライアント本人や家族、本人の問題に関わる人物や、場合によっては要素の代理人を務めることで、自分以外の参加者のために、自身の感情や感覚を「貸す」という日常にはない身体感覚を体験することになります。その体験は感情や感覚というものに対して、客観的な距離をおいて捉えることを可能にします。それによって、自分の身の回りに起きる出来事や、自分自身の感情に振り回されなくなる余裕が生まれます。

問題に働きかけることができる人数には限りがありますが、その場にいることで自分自身や家族の在り方について新たな理解を求めたいという方の参加には人数の制限はありません。

コンステレーションズ・ジャパンが提供するワークショップの種類

コンステレーションズ・ジャパン(旧)ヘリンガー・インスティテュート・ジャパン主催 小林真美(チェトナ小林)がファシリテートするワークショップ

小林(チェトナ)は現在、東京を中心に、札幌、大阪などで年に6回前後ワークショップを開催しています。東京では3ヶ月に1度、札幌、大阪では年に1度のペースですが、必要に応じて回数は増えたり減ったりします。原則として2日間の参加が求められます。札幌での開催時のみ、1日だけの参加も受け付けています。

トレーニング修了者、受講生のワークショップ

コンステレーションズ・ジャパンが主催するトレーニング修了者、並びに現役受講生も国内各地でワークショップを開催しています。トレーニング参加者の中にはすでに心理療法系のワークショップ開催経験のある人、経験豊富な人、ない人がいます。当トレーニングは、まず受講生が自身の身体感覚を通して理論を理解することをめざしています。そのため、当トレーニング受講生が全員コンステレーションのファシリテーターとして向いていると保証するものではありません。ワークショップ参加を検討されている方は、まずご自身でファシリテーターとの相性を感じてみた上でご判断ください。
トレーニング修了者一覧

認定ファシリテーターによるワークショップ

コンステレーションズ・ジャパンではこれまでに認定ファシリテーターを4名選出しています。関東、中部、関西でワンデイワークショップ、2日間のワークショップを定期的に開催しています。当ウェブサイトでも、認定ファシリテーターによるワークショップのスケジュールをお知らせしていますので、ご参照ください。
開催スケジュールはこちら

PAGE TOP